難しい移転価格は税理士に相談~分かりやすサポート~

難しい移転価格は税理士に相談~分かりやすサポート~

スーツ

監査業務

弁護士

公認会計士が企業の経営状況を細かく調べる業務があります。それが、監査業務です。監査することで、使っている書類が内容に沿っているかを専門的な視点から見ていくことができるのです。

Read More...

企業と会計事務所

ステーショナリー

世の中にはいろんな仕事がありまして、それらにはいろいろな企業が当たっているわけです。そして、そのことによって社会を成り立たせながら、利益を上げているわけです。そこで何が生まれるかというとお金であるわけで、企業が行なった経済的な行動によって生まれたそれらのお金が、また社会を動かしていくのです。ところで、「社会の中でお金が動く」ということを、企業と社会という関係の中でとらえると、そこに会計事務所というところの存在が浮かび上がってきます。その会計事務所がどうやら、企業と社会とがお金の動きで繋がれる、そのことについての業務を行なっているようなのです。というわけで、ここでは会計事務所が企業を相手に行なっているもろもろの業務について見ていこうと思います。そのためには、まずは会計事務所というところには誰がいるのか?ということを知る必要があります。ありていに言えば、この事務所には税理士がいます。また、公認会計士もいます。税理士というのは納税について扱っている、いわゆる「士業の人」であることは、誰でも漠然とは知っていることでしょうが、しかし、税理士の仕事には、そのほかにどのようなことがあるか……ということについて、僕たちはあまり多くのことを知りません。しかし調べていくと、実に税理士の企業を相手にした業務というものは幅広く、深いものであることが分かってくるのです。全国どこでも対応してくれる移転価格のことは専門の税理士事務所にお任せしましょう。経験豊富なスタッフが様々な移転価格などの問題を解決してくれるんです。

税理士と公認会計士

勉強

税理士は依頼人から様々な案件を受けます。中でも多くある依頼内容が、市民税や相続税といった納税に関する事柄を公認で代理して行なうことができるのです。そのため、何らかの理由で納税に行けない人は税理士に依頼すると良いです。

Read More...

税理士の業務

背広

会計事務所は企業が円滑に経済活動を行なうために様々な業務を行ないます。その中でも、納税に関する業務を代理で行なってくれるために、難しい計算などを企業側はする必要がないのです。

Read More...